消費者金融

年収とマイカーローンの関係

世の中分不相応な車を乗っているのを良く見かけますが、どう見ても自分で買ったとは思えないし、親に泣きついて買ってもらった脛っかじりの坊やなのか、本人はカッコ付けて乗っているつもりでも、大人から見たら笑えますよね。

じゃー働いているんだから自分で何とか銀行から借りるよって申し込みに行って見事に却下。

世の中そんなに甘くないんですよ。

例え450万円年収が有ったとしても、日々の生活はどうしているのか。

以前に借り入れしていて完済して有るのか、滞納がなかったか等の情報は調べれば解ります。

その時完済したとしても年収の内貸してくれてもその半分が良い所。

それ以上は無理と言う判断何ですよね。

450万円の年収が有るのなら、車を買うだけの貯金をしたって良いと思いますよね。

どのくらい月々貯めれば390万円の車が買えるのか、物は試しで貯金してみて、現金で買えるまで貯金出来たら逆にかっこいいし、俄然自分にも自信が付いてきます。

450万円も年収があると言う事は、平均的な収入をあなたは貰って居るのですから、もう少し計画を立てて物事を勧めた方が良いと思いますよ。

毎月十万円ずつ貯めれば二年で240万円。

ココまで貯めたら後は足りない分は消費者金融のカードローンに申し込んで、不足分を借りてどーんと念願の車が手に入るっていう事ですよ。

今まで貯めて行かれたように、今度は借り入れたカードローンを計画を立てて返済して行きましょう。

少しずつでも返済の実績を作ることで信用を取り戻しましょう。

借りることより返済に重点を置くようにすれば延帯も起こす事は無くなるでしょうし、なるべくいざという時の為にカードは取っておきましよう。

個人が低金利でお金を借りる方法

あなたの近くの信用金庫でも個人向けの「フリーロン」やっていますよ。

個人向けだったと思うので、年収が有る程度有って、他にお金を借りていても、滞りなく完済していれば、借りたいと言う人であれば借りる事が出来るようですよ。

やはり銀行関係は低金利を謳ってますから、何はさておきフリーと言う事は何に使ってもオーケーと言う事ですよね。

又一時的に借りると言う方法で、生命保険の契約者貸付であれば今まで払っていた金額の中から枠決めはありますが、借り入れを起こす事が出来ますよ。

金利の低い時に契約していれば、それは助かりますよ。

なぜなら借り入れ起こす時に契約時の金利で貸し付けるので、金利が低い時に契約していれば借り入れても利息は低く抑えられますよね。

これも返済出来る時に少しずつ返済をしていけば、利息も少しずつ減っていきます。

勿論返済がすぐに出来なくても年間の借り入れの分の利子だけを一年に一回払って居れば大丈夫。

そのまま借りっぱなしで満期になって相殺すれば何とかなりますよね。

その間万が一病気かなんかで亡くなった場合には、保証金額から借り入れていた分の残金が家族に支払われると言う仕組みになるようですが、大分以前の私の経験ですから今現在も変わっていなければ、結構役立ちますよ。

確認してから借りてくださいね。

私の時には金利も高かったので借入して年間金利はとても厳しかったですからね。

よーく契約時の金利を確認してみてみると、銀行系のカードローンの方が金利が低い所も有りますから、その辺の所を良く頭に入れて、借りると良いと思いますよ。

基本借りたら返すが頭に入っていれば、個人で借り入れ出来る所結構ありますよ。

キャッシングの審査で勤続年数は?

お金を貸す相手が返す能力が有るかないかは、やはり職場確認をしない事には、何処の誰でも良いと言う訳にはいきませんよね。

貸したは良いけど待てど暮らせど返済がない。

よくよく調べたらまったく働いていた実績がない、何てドジな事をやっていたら貸金業は成り立ちませんよね。

やはり借りたいと言う相手が返済能力が有るのか、実際書かれた収入源のところに籍を置いて働いているのかが重要な所ですよね。

したがって何処で借りても、必ず最低限の在籍確認は必ず有ると思った方が良いと思いますよ。

勤続年数の確認は通常ないと思います。

今は個人情報が大変厳しくなってきていますから尚の事、これは多分ないとは思うのですが、逆に有ったら「どういう意向で調べているんですかって聞かれてしまいますから、不審者の怪しい電話と言う風に会社側でも思いますので、まず本人が在籍しているかどうかの確認は当たり前だと思いますけどね。

キャッシングにしても申込時に嘘を書けばばれますので、あなたはそのまんまを記入すればいいんです。

なまじこうかくと審査は通らないかもしれない何て勝手に思って年収額を増やしたり、勤続年数を増やしたりと誤魔化しはいませんよね。

但し複数の金融業から借り入れを起こしている人は、きちっと編沿いが出来ているのかも、ちゃんとチェックされますから、遅延金等の発生がないように計画的に支払いも滞りなく支払えるように考えてキャッシングすれば、生活にも負担は掛らず楽しい生活を送る為の強いエネルギーになりますよ。

第二の財布となりうるカードを上手に使いこなしてみてはいかが。

外国人の派遣ですが

外国人で派遣で日本に働きに来て数カ月。

派遣と言う事は勿論永住権等は無しですよね。

良くある話では永住権の無い人に貸金業者が貸したら、そのまま国へ帰ってしまったので回収出来ず、泣き寝入り状態と聞きましたが、あなたはそんな事はしませんよね。

って行った所で私が貸す訳ではないので、消費者金融のカードローンが申し込めるかどうかは、申し込んでみなければ解らない問題ですよね。

申し込んで見たらどうでしょう。

でも嘘はいけませんよ。

必ず問い合わせが働いている会社に在籍確認されますから、確認が取れればもしかしたら借りられるかも知れません。

正直に書いた方が高感度持たれるかも知れませんよ。

身分証明書となるパスポートはお持ちですか、勿論入国するのにパスポート無しでは日本国内には入れませんから、お持ちだと思いますが、消費者金融の方でどこまで書類を提出させるかは解りませんが、確りした所で働いていると言う事が解れば、カードローン手に入るかも知れませんね。

消費者金融業者の方も、貸したい気持ちは有る筈です。


外国人はローンを組めない? 外国人でローンを組むのは永住権を持っている人であれば、ローンを組む事は可能のようですが、ビザがもうすぐキレる段階で、転職もしなければならないし、住む所も探さなければならないとしたら、ちょっと厳しいでしょうね。あなたがその外国人と、結婚でもするのであれば、それに転職と言っても支店が変わる位の事でしたら、何年間かの働きで実績もあり、そこそこの年収も有ると言う事が解れば、可能だと思いますよ。でも全くの別会社に転職となると、給料面と実績が全く無いから永住権を持ったとしても難しいでしょうね。今の所は彼何ですよね。その彼が、あなた名義でローンを組んでくれって言うのは、どうも一方的ですよね。最もあなたの年収が低いとなれば、3000万円位のローンは組む事は出来ませんよね。銀行の方も回収の難しそうな人には住宅ローンは極めて冷たいですよ。金額を下げたとしても厳しいでしょうね。それじゃなくても日本人でも住宅ローンを組むのには、色々と条件を満たしていないと組む事が出来ないのが住宅ローン何ですよね。これが現日本の現状です。
 

サイトマップ

口座開設の流れ